FC2ブログ

名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

小島博先生を送る会

「小島博先生を送る会」をささやかに開催しました。
長年に渡り、名古屋大学腎臓内科の診療・教育・研究に多大なる貢献をしてくれました。
ご苦労さま、そしてありがとうございました。
2020年7月1日から江南厚生病院腎臓内科に赴任されます。
小島先生、益々のご活躍を期待しています!

*新型コロナが流行して以来、久しぶりに多くの医局員が集まりました。
(マスク着用で記念撮影しました。)
小島先生送別会


皆様、6月30日、私の為に、時間を割いて頂き、誠に有り難うございました。
丸山教授、水野教授から、過分なお言葉を頂き、大変恐縮しております。
皆様のお陰で、大学院、留学、腹膜透析診療と、貴重な経験をさせて頂くことが出来ました。
重ね重ね、誠に有り難うございました。
大変に痴がましいですが、7月1日からは、江南厚生病院で、1人でも多くの研修医が腎臓内科に魅力を感じてもらえるように頑張りたいと存じます。
小島博

5月は新型コロナ診療を担当してました!

皆さん、こんにちは。丸山です。

5月の1ヶ月間、新型コロナ診療のために集中治療室(EMICU)に勤務していました。
救急部の先生方、看護師さん、技師さん、大変お世話になりました。
5月は急に外来も交代していましたので、患者さんにもご迷惑をおかけしました。

久しぶりの当直でした。15年ぶりくらいです。
体力的にきつい面もありましたが、皆様方に助けていただき、何とか無事勤務を終えることができました。
心より感謝申し上げます。

EMICU

実際に、現場を見て感じたことは、最前線に立つ看護師さんたちの活躍です。
新型コロナ診療に関しては、看護師さんの役割がとても大きいことを痛感しました。
本当に頭が下がります。ご苦労さまです。

これから、まだまだ長い戦いが続きます。
引き続き、よろしくお願い申し上げます。

名古屋大学・腎臓内科・教授
丸山 彰一

陀安智也先生、紺綬褒章授与

たやす腎クリニックの院長・陀安智也先生が紺綬褒章を授与されました。
去る3月5日木曜日に腎臓内科教授室で授与式を執り行いました。
勲章は、総理大臣からではなく、日本国天皇から授与されるのですね!
おめでとうございます。
IMG_6573.jpg
IMG_6570.jpg

オーストラリアから学生さんが見学に来てくれました

2週間の日程でオーストラリアのWestern Australia Universityから医学生が2人、実習に来てくれました。
腎臓内科には2週間でしたが、昨年の年末から他科を回っていたので、合計で1ヶ月近くの滞在になります。
うち一人は小学校の時から日本語を習っていたとの事で、日本語を理解していて、ビックリです。
腎臓病のこともよく知っていて、熱心に勉強されて行きました。


移植医療:市民公開講座報告

令和元年12月14日に、名大病院の第4講義室で市民公開講座~ここまで身近になった!移植医療の最新事情~を開催致しました。
本年は、高校生からご高齢の方まで幅広い年代の方総計102名の方にお集まりいただきました。
名大病院全体の移植医療の実態に引き続き、脳死での提供に関する講演がありました。その後、心臓移植、肝移植、腎移植の実際をご講演いただきました。
市民の方々からは、次回また参加したいという声が多く聞かれました。
ご参加いただいた方々に心より御礼申し上げます。IMG_6437.jpg