名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

第1回臨床研究・勉強会

腎臓内科臨床研究班発足3周年目にしてようやく軌道に乗ってきました。
我々臨床研究班は3つのテーマを軸に活動しています。

・コホート研究:疾患コホート、透析コホート、職域健診コホート
・バイオマーカー研究:臨床班ならではの切り口とデザインでアプローチ
・教育

この3つ目の軸がようやく形になりはじめました。
第一弾として、日本ネフローゼコホート(J-NSCS)で有名な大阪大学腎臓内科 山本陵平先生をお招きして勉強会を行いました。
臨床研究に必要な知識についての勉強会でした。
テーマは「バイアスについて」です。

ついつい臨床研究というと、統計解析に目が行きがちなのですが、それよりもバイアスをいかにコントロールできるかがカギとなる、という趣旨の話でした。
教科書やちょっとした勉強会ではあまり聞けない話でした。
また、山本先生の推奨する論文の構成についての話も聞くことができ、大変参考になりました。
次回は2か月後くらいに予定しています。関連病院の皆様へは連絡いたします。


DSCN4878_convert_20150522110400.jpg  DSCN4882_convert_20150522110549.jpg


大学院3年 臨床研究班 今泉貴広
スポンサーサイト

FC2Ad