名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

第16回 国際腹膜透析学会(ISPD)

こんにちは。大学院4年多和田光洋です。

2月27日から3月1日にオーストラリア、メルボルンにて開催された国際腹膜透析学会(ISPD)へ伊藤恭彦先生、鈴木康弘先生とともに参加してまいりました。

先生方のおかげで「MORPHOLOGICAL CHANGES IN THE PATIENTS TREATED WITH NEUTRAL SOLUTIONS OR ACIDIC SOLUTIONS.」のテーマでなんとかポスター発表をすることができました。

ISPD1


現地は日中30℃を超える夏でしたが、名古屋とは違いむしむしとはしておらず、非常に快適でした。また世界一住みよい街といわれるきれいな街並みとペンギンやカンガルー、コアラなどオーストラリアを堪能させていただきました。
スポンサーサイト

基盤医学特論

平成28年2月26日(金) 基盤医学特論を開催いたしました。

講師:Prof. Matthias Kretzler
(Medical School University of Michigan Health System)
演題名:「the Nephrotic Syndrome Study Network (NEPTUNE)」

Kretzler先生

第5回 CKD-Frontier

平成28年2月27日 キャッスルプラザホテル(名古屋)にて第5回CKD-Frontierが開催されました。

第5回CKD-Frontier 3

This photo is the memorial photo for our department and Dr.Takaya Ozeki got Award.
Dr.Kaihan from Afghanistan, a postgraduate research student of Nagoya University.

第5回CKD-Frontier 2


こんにちは、大学院臨床研究班の尾関貴哉です。
2月27日に開催されたCKD frontier meeting in Nagoyaの発表でinvestigators awardをいただきました。
研究にご協力いただいている先生方、ありがとうございます。
これからも頑張りたいと思います。

発表内容:The case series of short term steroid regimen for adult minimal change nephrotic syndrome

FC2Ad