名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

ISSCRに行ってきたよ 2

第2話 奇跡と希望と

 第1話あらすじ:ストックホルムに着いたけど、1人、荷物が届かなかったよ

 第1話の内容の無さに改めて愕然とする今日この頃である。皆さんいかがお過ごしか。
 荷物が届かなかった神村君だが、実はちょっとその可能性も考えていて、大事なものは手荷物に積み込んでいた。特に学会発表のポスターを預けるのは危険と考えて、後生大事に抱えていたため、最悪の事態は免れた。
 不幸中の幸いで、空港で簡単なアメニティセットをもらうことができた。フィンエアのロゴが入ったパッケージの中に、LLくらいのシャツ、黒い靴下、ひげ剃り、歯ブラシ、櫛と香水が入っていた。下着がなぜ上だけなのか非常に気になったし、実際問題として困るところだが、どうしようもない。パッケージはやわらかい素材で出来ていて、あとでiPadとかのタブレットのカバーに使えますよと書いてある。だから何だと言いたくなる神村君である。坪井先生に言わせると、これくらいマリメッコの柄にしておいてくれれば、とのことで、全く同感だ。行きの飛行機ではフィンエアのグッズが欲しいなんて思っていた神村君も、今となっては最悪の印象しかない。本当は空港の問題なのかもしれないが、預けたのは航空会社なので、客の立場としては航空会社を恨めしく思うしかない。
 神村君にとってさらに幸運なことが起こる。何と坪井先生がパンツ(新品)を2つ持っていたので、うち1つをくれたのである。統計を取ったことが無いのでわからないが、3人で旅行に行って、任意の2人の中で新品のパンツを2つ持っている人がいて、しかも同性である割合がどれほど低いものか、考えただけでも身震いする思いである。神村君の心に、この出来事が「ストックホルムの奇跡」として刻まれたことを追記しておく(嘘です)。
 ストックホルムは6月とはいえ最高温度で20℃前後。長袖一枚では夜はまだまだ肌寒い。そんなわけで坪井先生はさらにジャケットと電源のアダプタも貸してくれた。アダプタに至っては3つ持ってきたそうで、まるで神村君のロストバゲージを事前に予見していたかのような用意周到さである。五体投地の感謝とはこういう時にするものだと思ったくらい感謝した神村君であるが、さすがにストックホルムでは行き倒れにしか見えないので、心の中でするに留めておいた。そういうのは五体投地とは言わないが。
 結局、スーパーに売っていた携帯用の(派手な)傘を買っただけで出費は済んだ。
 着いた当日はパブで軽食を食べることになった。ここに限らずストックホルムの食事は、どれも味付けが控えめでありながら奥行きのある味でとても美味しかった。
 2日目の午前は観光地を軽く周遊した。特記すべきはノーベル博物館で、ノーベル賞を受賞した人たちについて紹介する博物館であるが、内容の期待値に対し、展示はたったこれだけかとという肩透かしをくらった。もし行かれる予定がある方はよくよく覚悟が必要であると警告しておく。
 そんな周遊中に神村君に嬉しいことが起こる。ロストしたスーツケースは、ネットで簡単ではあるが追跡できるようになっている。そのステータスが、ブロンマ空港に着いた状態に更新されたのである。ちょうど王宮を観光していたところで、中庭で生絞りのオレンジジュースが売られていた。1個1000円もする高価なものであったが、気を良くした神村君はこのオレンジジュースを買って、3人でシェアしたのである。ちなみに生絞りのオレンジジュースは朝のバイキングでも(もちろんただで)飲むことができたし、明らかに高すぎなのだが、それくらい嬉しかった。
 さて、昼の周遊を終えた一行は学会会場に向かった。この日は夜に金先生のポスター発表が控えている。それまでの時間、講演を聞いたり、発表のポスターを見学したりして時間を過ごした。そのポスターには顔写真を載せるように予め学会から指示が出ていた。しかし、見て回るとそれを守っているのは約5割くらい。ポスターのサイズもむちゃくちゃで3分の1くらいはみ出している人がいたりして、みんな自由である。
 金先生の顔写真は中でもちょっと目立っていた。どう見ても自撮りとわかる写真で、おそらくスマートフォンのフロントカメラで撮ったであろう低解像度。それをポスターにしているから画像がかなり荒かった。ポスター印刷の前日の夜中に撮ったとのことで、わずかな悲壮感がにじみ出ていた。深夜に自撮りしている青年男性を想像すると身が引き締まる思いである。
 そんな金先生だが、発表はつつがなく終わった。質問にもきちんと答える金先生の姿は輝いていた。
 バーで食事を終えた後、3人でホテルに戻ったわけだが、未だスーツケースは届いておらず、失意の中、ストックホルムの2日目は終了した。


IMG_3524_convert_20150630155742.jpg
スポンサーサイト

ISSCRに行ってきたよ

第1話 期待と挫折と

 物語は、ストックホルム近郊にあるブロンマ空港に3人が降り立つところから始まる。
 3人とは、医局長の坪井先生、特任助教の金先生、大学院生の神村君(仮名)のことである。
 1人だけ君付けにしているのは、誰が書いたかわかりにくくする狙いがある。例えば、全員君付けにしたら、坪井先生が書いている可能性が俄然高くなる。これが互換性(何の?)が最も高い状態だ。全員先生で統一しても良いが、少し堅苦しくなると心配してのことである。
 さらに言うと、1人だけ仮名なのは、ホームページに名前が公表されている前2人に対し、名前が出ていない大学院生に対する配慮のためだ。名古屋大学腎臓内科とは、かくも個人情報に厳しい教室なのだ(そういうこと?)。
 一体、何の話をしているのか。
 3人がストックホルムに降り立ったのには理由がある。飛行機から降りるためだ。
 話が進まない。物語が始まると言いながら、全然始まらないではないか、そんな感想をいだかれる方もいらっしゃるだろう。もっともなことだ。しかし、始まりを定義するのは難しい。例えば恋愛もそうだ。恋の始まりを意識するのは、既に始まった後なのだ。
 一体、何の話をしているのか。
 真面目に書くと、国際幹細胞研究学会、略してISSCRに参加するため、現地へ向かったのである。
 降り立ったブロンマ空港では小雨が降っていた。小型の旅客機だったためか、アスファルトに直接降りるようになっていて、特に迎えのバスがあるわけではなく、そこからターミナルまでは徒歩で向かうようだ。ターミナルまでは軽く見積もって100mくらい。大雨が降っていたらどうするつもりだったのか。この怪しげな環境を前にして、既に神村君(仮名)の心には不安が立ちこめていた。ちなみに以後は面倒なので(仮名)は外す。
 ここまでの道のりは比較的快適で楽しいものだった。中部国際空港からヘルシンキを経由して、ブロンマに着いたわけだが、いずれもJALとフィンエアの共同路線である。機体は中部国際空港の時点からフィンエアの機体で、機体にはマリメッコの代表的な花柄が配されていた。紺色に近い色で、航空機との相性も良く引き締まった印象を受ける。機内販売でもこのマリメッコ柄のグッズが販売されていて、空前の北欧ブームを狙ったしたたかな戦略が読み取れた。機内サービスのナプキンもいちいちマリメッコの柄で、これだけでもポイントが高い。神村君は、マリメッコ柄の機体のミニチュアがちょっと欲しくなって、買うなら帰りかな、とぼんやり考えていた。
 しかし、そんな浮かれた気分もブロンマ空港で一変する。
 一つしかない荷物受け取り所のシャッタが開き、荷物が流れてくる。坪井先生、金先生、それぞれがそれぞれのトランクを手に取ったが、神村君の赤いトランクが一向に流れてこない。
 いよいよ最後の一個、黒い鞄が流れてきた。立っているのは神村君と70代くらいにみえる老年の男性。老年の男性は、しかし、その鞄をスルーする。どうみても神村君のでもないため、神村君もスルー。ターンテーブルの反対側に流れて行ったところで、その老人の奥様らしき人が男性に、「あれ、あなたのでしょ」なんて言って、老人が「ああ、あれか」と答えている。微笑ましいものだ。
 その男性の荷物がもう一度シャッタの下を通ったところで、非情にもシャッタが閉まった。荷物を手に去る老人を見送る神村君。
 神村君のロストバゲージが確定したところで、その旨をカウンタで伝え、3人とも現地の通貨をキャッシングし、タクシーをつかまえ、ホテルに向かった。結構落ち込んだ神村君を励ます坪井先生と金先生。神村君はその励ましを受けつつ、胸には一つの大きな野望を秘めていたことを、この時はまだ2人は知る由もなかった。
 果たして、ロストした神村君の荷物は戻ってくるのか、果たして、3人は無事にISSCRに参加できるのか、神村君の野望とは一体何なのか、ここまで話を引っ張って大丈夫なのか、不安は尽きないところだ。
 ちなみに、この行きのタクシーは明らかにぼったくりだったのだが、それに気がつくのは帰りのタクシーに乗った時の話である。

第58回日本腎臓学会学術総会 閉会しました

平成27年6月7日(日)に3日間開催されておりました第58回日本腎臓学会学術総会が閉会いたしました。

1日目はお天気が悪かったのですが残りの2日はお天気も良く、多数の皆さまのご参加をいただき、盛会のうちに終えることが出来ました。
これもひとえに皆さま方のご支援とご協力の賜物と深く感謝申し上げます。この場を借りまして御礼申し上げます。

本会がご参加頂いた皆さま方の今後のご発展につながることを祈念いたします。

IMG_2090.jpgIMG_2096.jpg


第58回日本腎臓学会学術総会 懇親会

平成27年6月7日(土)第58回日本腎臓学術総会・懇親会へ多くの先生方にご参加いただきました。

名古屋大学交響楽団による演奏から始まりました。
アマチュアオーケストラとは思えない演奏でした。
IMG_1913.jpg


イベントのマジックでは大変盛り上がりました。
Magic1.jpg

名古屋大学・腎臓内科の医局員もマジックに参加し、名前を書いて投げたカード入りのペットボトルをお土産にいただいていました。
Magic2.jpgMagic3.jpg

みんなで参加できるマジックもあり、全員で盛り上がれるイベントになってよかったです。

第52回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会(ERA-EDTA)

5月28日から30日までロンドンでの第52回欧州腎臓学会・欧州透析移植学会(ERA-EDTA)に参加してきました。

当研究室からは中国からの留学生Duさん、口腔外科からの研究員服部さん、加藤助教、石本助教、CKD講座安田准教授がそれぞれ発表を行いました。
EDTAは俗にEating, Dancing and Traveling associationと呼ばれておりますが、しっかり勉強してくるとともに、JSNとのジョイントセッションで基調講演を行った松尾教授の応援もしてきました。

やっぱりヨーロッパはいいですねえ。次回ウィーンでの開催が今から楽しみです。そのためにもみなさん研究がんばりましょう!!

EDTA1.jpgEDTA2.jpg

EDTA3.jpgEDTA4.jpg

EDTA5.jpgEDTA6.jpgEDTA7.jpg







第58回日本腎臓学会学術総会

平成27年6月5日(金曜日)

名古屋国際会議場にて総会長である松尾清一先生の挨拶があり、第58回日本腎臓学会学術総会が始まりました。

IMG_1799.jpg

IMG_1805.jpg

お誕生日会

丸山先生にケーキを買っていただき、5月生まれの技師の誕生日会を行いました。
IMG_7664.jpg

IMG_7662.jpg


FC2Ad