名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

留学生の王先生からメッセージが届きました

王先生からメッセージが届きました!!

RIMG0026_convert_20100921110638.jpg


CCF20100922_00000_convert_20100927091339.jpg


Thanks for the doctors in department of nephrology of Nagoya university hospital, give me so much help. I think three word can summarize my Japanese life.

The first word is study, in department of nephrology I study not only clinical knowledge, research, but also idea, method. Idea is the most important in science.

The second word is rule, regulation. All of the thing have rules. Follow rules, respect rules becomes culture. Japan have absorbed a lot of countries culture, I see a lot of excellent Chinese culture can be reserved in Japan.

The third word is attitude. The attitude includes to the patient, to the work, to themselves, to the society, and so on. To the patient is careful, to the work is hard, to themselves is strict. The attitude decide social circumstance, life-style.

Missing the doctors in department of nephrology, blessing Nagoya university hospital.


From Yinghang Wang
スポンサーサイト

分子腎臓フォーラム

分子腎臓フォーラムが9月4日(土)に行われました。
腎臓領域における研究の進歩に著しい貢献が期待される研究を対象とした若手研究者の発表会です。

そこで、なんと大学院4年生の古橋先生が優秀賞を受賞しました。
「脂肪由来間葉系幹細胞(ASC)を用いた難治性腎疾患・自己免疫疾患への新たな治療開発」
 古橋 和拡

___convert_20100906110832.jpg

受賞後は笑っていますが、発表前は珍しく緊張していたらしく、背広のボタンがずれていたそうです。(笑)

王先生のさよならパーティー

8月31日、臨床研修のため中国から3ヶ月間留学に来ていた王先生のさよならパーティー&暑気払いを行いました。
暑いなか、オープンテラスであつ~い飲み会となりました。

RIMG0038_convert_20100906105954.jpg
王先生は性格が明るく、3か月だけでしたが研究室のみんなとも打ち解けていました。

RIMG0044_convert_20100906105924.jpg
いつも一緒でした。
王先生は全く日本語が話せなかったので、みんなも日々英語の勉強にもなりました。

RIMG0066_convert_20100906110027.jpg
王先生は歌もすごく上手でした。みんなも中国語の「テレサ・テン」を熱唱しましたよ~。

ドイツから...

8月26日、Goettingen大学・教授 Gerhard Mueller先生にお越しいただき、ご講演いただきました。

Gerhard Mueller先生はRenal fibrosis専門の先生で、
大学院生(古橋先生、勝野先生、佐藤先生)の研究発表についても、助言・指導をいただき大変勉強になりました。

2_convert_20100902094723.jpg

1_convert_20100902094659.jpg

勉強の後はみんなで「天ぷら」を食べに行きました。

FC2Ad