名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

Last week was a precious week for me and I enjoyed it very much.

中国から日本へ1年間留学している先生が、腎臓内科で1週間研修されました。

わん先生縮小


Thank you very much for all of doctors in nephrology department. I have learnt a lot from you. I will never forget your instructions, your assiduous attitude towards work, your nice relationship with patients. I have learnt how to read pathology slides, how to differenciate diseases in nephrology. Furthermore, I have watched renal biopsy, HD and PD. I really appreciate your patience in answering all of my questions.
スポンサーサイト

イギリス留学

ポリクリの先生からイギリス留学体験記を頂きました!

P1010146_convert_20100713132014.jpg

BBQ縮小



腎臓内科でのポリⅡの実習を1カ月で切り上げさせて貰い、

大学の交換留学制度を利用してイギリスのウォーリック大学で学んできました。

実習科はほぼ希望通り、救急科、腎臓内科、感染症予防部、緩和ケア、GP(家庭医)を取ることができました。

イギリスの身体診察を重んじる診療方針や、特有の医療体制を学び、

日本とイギリスとの違いも少なからずあり、毎日が発見の連続でとても楽しかったです。

実習以外では、日本とイギリスの医療の違いについて現地の医学部生に発表する機会を頂いたり、

現地の学生と実習後に街に買い物に行ったり、BBQパーティに招待してもらったりと、

実習以外も充実していました。

濃密な時間を送り、様々なことを学んできました。

言語の壁もあり、色々な苦労や、笑い話のような失敗もありましたが、

今となってはすべて良い経験だったと思います。

今回の派遣留学には多くの方々に助けて頂いて、初めて実現できたように感じます。

色々なアドバイスとともに快く送り出して下さった、腎臓内科の先生方にも感謝しています。

ありがとうございました!!


(写真は現地の医学部生とBBQパーティーに参加した時のものです)

Aegean conference

7月3日から坪井先生と僕でギリシャのinnate immunityに行ってきました。会場はRhodes islandのシェラトンでした。
1日目は飛行機の乗り継ぎの関係でアテネに1泊しました。ギリシャは直前に暴動があって治安が不安でしたが、行ってみると暴動があったシンタクマン広場も安全でゆっくりとした時間が流れていました。カフェでゆっくりカフェラテやクオーターメロンを飲んでリラックスモードでした。(ところどころガラスに投石や銃弾??のあとがありました)

ギリシャ3縮小jpg

2日目からRhodesにうつって学会スタートです。1日目のレセプションは日本人が僕達ふくめて3人と、みんな周りは教授クラスで、しかも英語だらけ。。。。緊張、緊張、緊張でした。
僕の発表はポスターで、毎日ポスターはdiscussion timeありました。みんな、くつろぎながらの質問でこれはかなりよかったです。こんな、COREな学会で自分のポスターにくいついてみてくれているおじいさんがいました。坪井先生に「あのおじいさんだれですかね???」と聞くとめちゃめちゃ偉い先生だったらしくびっくり、andなんかうれしい感じでした。
さすが坪井先生はオーラルで発表でした。でも、オーラルの発表は教授やLaboのトップが8割がたで、さすがに前日は坪井先生も緊張されていました。しかし、発表は無事に終了し、その日の夜の食事会で他の研究者に褒められている坪井先生はやはりさすがって感じです。

学会で学んだのはやはり英語の必要性でした。
日本帰ったら英会話勉強しまーーーーーーース!!!!

                                大学院生4年  古橋


ギリシャ2 縮小jpg

ギリシャ4 縮小jpg




腎疾患と高血圧研究会

2010年7月3日(土)に東京で行われた腎疾患と高血圧研究会で鈴木先生が「最優秀奨励賞」を受賞しました。


演題:慢性腎障害においてリンパ管新生は線維化と強く相関し、炎症細胞浸潤、間質浮腫を軽減する


IMG_0136_convert_20100713131939.jpg

見学

先日、大阪から研修医2年目の先生が見学に来てくれました!

見学後の感想をいただきました!



「先日は、大変お世話になり有難うございました。

とても温かい雰囲気の中、病棟回診、腎生検等見学させて頂きました。

また、他大学出身の先生方も多く、見学前に抱いていた不安もなくなりました。

お忙しい中、沢山の先生方に医局の特徴や魅力などをお話していただき、充実した1日となりました。

またお会いできる日を楽しみにしています。」


また、いつでも研究室に遊びにきてくださいね。


第53回 日本腎臓学会学術総会

6月16日~17日に神戸で第53回日本腎臓学会学術総会が開催され、たくさんの医局員が発表しました。


6月15日には大学院生の古橋先生が「アジア国際交流の夕べ」(JSN-AYNS)で発表し、賞状を受け取ったそうです!
残念ながら賞状の写真はありません。


日本腎臓学会


The12th Asian Pacific Congress of Nephrology

6月6~8日に韓国でThe12th Asian Pacific Congress of Nephrologyが開催されました。

DSC01395韓国始めjpg

「Adipose-derived stem cells therapy is effective in the treatment of anti-GBM glomerulonephritis」
Kazuhiro Furuhashi,Hideki Ishikawa,Takenori Ozaki,Yousuke Saka,Takayuki Katsuno,Hansu Kim,Waichi Sato,Naotake Tuboi,Yasuhiko Itou,Yukio Yuzawa,Ken-ichi Isobe,Enyu Imai,Shoichi Maruyama,Seiichi Matsuo

「CAN THE EXAMINATION OF THE OCULAR FUNDUS BE A PREDICTOR OF CHRONIC KIDNEY DISEASE?」
K SHIBATA,S SUZUKI,Y YASUDA,Y YUZAWA,E IMAI,S MATSUO

「DEVELOPMENT OF EQUATIONS FOR ESTIMATEDGFR FROM SERUM CREAYININE IN ASIANS:KOREAN SUB-POPULATION ANALYSIS」
BS KIM,HY LEE,SK HA,SK SHIN,SO CHOI,H-J KIM,KW LEE,YW KIM,Y-L KIM,Y YASUDA,E IMAI,M HORIO,H MAKINO,S MATSUO

「Morphological renal abnormalities by ultrasound among health check subjects:clinical significane of silent renal stone or cyst in chonic kidney disease」
K KATO,Y YASUDA,K SHIBATA,H TAWADA,E IMAI, Y YUZAWA,S MATSUO

「RENOPROTECTIVE EFFECTS AND MECHANISMS OF HUMAN ADIPOSE TISSUE-DERIVED S TROMALCELLS CULTURED IN LOW SERUM MEDIA ON ACUTE KIDNEY INJURY」
K KATSUNO,H KIM, K FURUHASHI,Y SAKA,T OZAKI,T YAMAMOTO,W SATO,N TSUBOI,E IMAI,S MARUYAMA,S MATSUO

「JAPAN KIDNEY DISEASE REGISTRY AND RENAL BIOPSY REGISTRY(J-KDR.J-RBR)」
S MATSUO

「Gene therapy in renal diseases」
Enyu Imai, Yoshitaka Isaka, Yoshitsugu Takabatake,S Matsuo

DSC01535 2枚目



お昼ご飯は、明洞で焼肉を食べました。
DSC01496 みょんどん
DSC01540 焼肉



FC2Ad