名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

研究奨励賞をいただきました

やりました~!
大学院4年生の保浦先生が第14回分子腎臓研究会にて研究奨励賞を受賞し、研究助成金(50万円)が授与されました。

この研究会は年1回行われ、全国の施設から応募のあった演題のうち厳選された演題がポスター発表および講演を行い、その中から最優秀研究賞が選ばれるのです。
スポンサーサイト

第38回 日本腎臓学会西部学術大会

9/26(金)に第38回 日本腎臓学会西部学術大会にて症例発表をしてきました。

当日朝まで多くの先生の助言をいただき、何とか完成すること
ができました。ポスター発表ではありましたが、何とか無事発
表できてよかったです。
            
後期研修医T

お疲れ様でした。

先週、初期研修医の先生の4週間の研修期間が終了しました。
病棟が落ち着いていたので濃密な研修を提供できず申し訳ない限り。。。
来年、忙しい時を見計らってまた来ていただければ幸いです。
きっと、院内院外問わず濃密な研修を提供できるはず…

さて、今週からも4週間の予定で2名の初期研修医の先生が来てもらえる予定。
仲間として、貴重な戦力として早く溶け込んでもらわないと♪

後期研究医 M

テクノ・フェア名大2008

9月25日(木)に開催されたテクノ・フェア名大2008へ出展しました。
写真4

本フェアは,産業界との密接な交流を図り,大学の研究成果の活用を通じて,新規産業の創出や既存産業の技術の高度化を推進する機会を設け,より一層の「産学官連携」及び地域産業界の更なる活性化を推進していくことを目的に毎年開催されています。

当研究室は「急性腎障害の超早期発症予測バイオマーカー」について展示し、展示技術シーズに関するミニ講演も行いました。
写真5

速報!湯澤先生の論文がJASNのEditorialに!

湯澤先生の論文がJournal of American Society of Nephrology の9月号に掲載されました。新たな糖尿病性腎症モデルを樹立したことが注目され、Editorialでも取り上げられています。これは快挙です!

医局紹介インタビュー

ドクターズマガジン 10月号に松尾先生と湯澤先生のインタビュー記事が掲載されています。

題名は「世界の腎臓内科学を牽引するため専門医育成に向け、精力的に活動」

ぜひ、ご覧ください!

夏休み

1週間夏休みをいただき、沖縄に行ってきました。
青い海と刺すような太陽を満喫してきました。
しっかり充電させていただいたので今週からはしっかりお仕事します。

後期研修医T

腎臓内科ってしごと2

病棟に従事して1ヶ月経ちました。あっという間でした…
経験項目を下記に列挙します。

・病棟で入院患者さんを管理に参加(ちゃんとできているか否かは別として)
・腹膜透析の為のカテーテル留置の手術に参加(隅っこのほうで)
・透析専門の病院で維持透析を勉強(まだまだ勉強中です)
・腎病理検討会に毎週出席(習うより慣れろの精神で参加しています)
・初期研修医の先生と一緒にワイワイ(こういうのは得意です)

というわけで噂通り多岐にわたる経験をさせてもらい、
職場のスタッフにも恵まれ、楽しく勉強させてもらっています。

さて近々、来年私たちの仲間になるかもしれない先生が見学来るそうで…
この楽しい雰囲気が伝わればいいなと思う今日この頃。。。

後期研修医M

院内でも院外でも実りある研修を…

おはようございます。
9月です。残暑がまだまだ厳しい今日この頃。
今日から初期研修医の先生が当科にやってきます。
貴重な戦力です、ほんとに。
「腎臓内科をローテートしてよかった」と思ってもらえるように1ヵ月の間、
いいこともわるいこともたくさん教えないといけませんね。

院内でも院外でも実りある研修を…

悪い後期研修医M

FC2Ad