FC2ブログ

名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

市民公開講座、「全身性エリテマトーデス~知ってますか?意外に身近な病気なんです~」

10月13日(土)名大病院にて市民公開講座、「全身性エリテマトーデス~知ってますか?意外に身近な病気なんです~」が開催されました。

全身性エリテマトーデス(SLE)に関しては、はじめての市民公開講座です。

予想を遙かに超える、45名もの方にご参加いただきました。
参加者の皆様は大変熱心に聞いていただき、心より感謝申し上げます。

最初に腎臓内科の石本卓嗣医師から、病気の症状や診断について説明しました。
つづいて、皮膚科の桃原真理子医師から、皮膚の症状について説明がありました。
日焼け止めや化粧品についても具体的にお話しいただきました。
最後は腎臓内科の丸山彰一医師から、古い薬から最新の薬まで、治療薬についてお話ししました。

全身性エリテマトーデスは、難病ですが、今はとても良い薬があります。
適切に治療すれば、病気をコントロールすることが可能です。
ひとりで悩まずに是非主治医の先生にご相談ください。

2018年10月13日市民公開講座
スポンサーサイト



市民公開講座 「腎臓病・糖尿病に負けない生き方 2018」

平成30年10月6日(日)に厚労省科研費合同市民公開講座「腎臓病・糖尿病に負けない生き方 2018」を開催いたしました。
台風が近づいているなか、300名を超える市民の方にご参加頂きました。
参加者の皆様は大変熱心に聞いていただき、心より感謝申し上げます。

市民公開講座2018当日様子

市民公開講座「全身性エリテマトーデス(SLE)」

以前、台風のため中止にさせていただきました市民公開講座「全身性エリテマトーデス(SLE)」を下記の日程で開催いたします。
名古屋大学の専門医が症状から最新の治療法をわかりやすく解説いたしますので、ぜひご参加下さい。

日時:平成30年10月13日(土) 15:30~17:00
会場:名古屋大学医学部附属病院 病棟8階・大会議室 (アクセスマップ

事前にお申し込みいただかなくてもご入場可能ですが、会場に定員がございます。
事前登録をいただければ、入場がスムーズです。
<事前登録先>
FAX:052-581-5391、電話:0120-985-334
市民公開講座10月13日

市民公開講座10月13日2

ISN FRONTIERS 2018 - 2

先月行われたISN FRONTIERS 2018の話の続きです。
演題登録数が全体で3位だったということですが、発表中の写真は残念ながらありませんでした。
ただ、ポスター発表の記念撮影をまめに撮っていただき、編集までしていただいたので、掲載いたします。
ブログ向けにとてもよろしいんじゃないでしょうか。
真ん中上段の水野先生は、ワイングラスを片手に持っていて、余裕を感じます。よく見ると右下の加藤先生も白ワインらしきものを手にしています。ワインというのは先入観で、ひょっとしたらぶどうジュースかもしれませんが。
下段中央の高井さんは賞状を持っていますが、アブストラクトの評価が全体でトップ10%に入ったことを表彰されたもので、素晴らしいですね。
国際学会と言えど、みんなのリラックスした様子が伝わって来る良い写真かと思います。

ISN_poster.jpg

さて、次は、学会中のイベントの話です。とは言っても腎臓とは全く関係のない話になります。

市民公開講座in高山

3月17日土曜日に高山で市民公開講座が開催されました。
今年のテーマは、ズバリ「腎臓」です。

高山20180317_1

「地域で腎臓を大切にしませんか?」
私、丸山と大学院生の板野のふたりで参加してきました。
私からは、「腎臓を守って元気に長生きをしよう!」というお話をしました。
当日は170名もの聴衆の方が会場を埋め尽くし、熱心に聴いて下さいました。
高血圧、糖尿病、メタボ対策をすることで、腎臓が守られます。
具体的には、①塩分取り過ぎに注意し、②日常生活に運動を取り入れよう、というメッセージをお伝えしました。
そうした生活は、腎臓を守るだけでなく、体を若く保つことにつながります。
終了後は、しっかり高山市街観光を満喫してきました。
関係者の皆様、ありがとうございました。

高山20180317_2