名古屋大学医学部附属病院腎臓内科日記

当教室の後期研修医の日記も随時更新中です。

ポリクリ2

本日はポリクリ2最終日。

異なる結果となった二つのRCTについて、ポリクリ学生さんがJournal Clubで発表してくれました。
教官からの直接の指示がなくても、きちんとJAMAとNEJMの違いについて比較検討してあり感動。

2016 ポリクリ2

稲熊くん、野田さん、中野くん二ヶ月間ご苦労様でした。医師になってからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

腎移植ホームページ

名古屋大学・腎移植医療ホームページを作成いたしました。

ぜひ、ご覧ください。http://www.med.nagoya-u.ac.jp/jinishoku/

移植HP


雪景色

2011年1月17日(月)東海地方に大雪が降りました。

名古屋市内の積雪は11センチで1月に10センチ以上の積雪は9年ぶりだそうです。


雪景色1 雪景色2



年初のご挨拶

年初のご挨拶
「2011年も名大腎臓内科はオールハッピー計画を目指します!」
丸山 彰一

 皆さん、明けましておめでとうございます。以前私が医局長の時に医局員が皆楽しく働けることを目指す=オールハッピー計画を表明しましたが、その実現にはなかなか難渋しております。それでも、今年も引き続きオールハッピー計画を目指して邁進するつもりです。
 今、折れそうになる医局員の気持ちを支えているのは、自分たちは本当に意義のあることをやっているのだというプライドだけだと思っています。臨床であれ、研究であれ、「明日の腎臓内科診療を変える」ことにつながる仕事であれば、やりがいを感じられるのではないかと思います。そのために大学できることは、強い医局を作ることだと考えています。具体的には、良い仕事(研究)し、それを発信することを通して、日本国内さらには海外においても名古屋グループの発言力を高めることが重要だと思っています。そうなれば、名古屋グループの一員である関連病院の先生方も、本来の力を発揮しやくなるものと期待しています。
 最近、関連病院の医局員とお会いすると、「大学がしっかりすることが大事。そのための支援は惜しまないから頑張れ。」との温かい励ましの言葉を頂く機会が増えました。私自身、いつも多くの医局員に支えられていることを実感しています。こうした暖かい雰囲気は名大腎臓内科の何よりの財産です。
 これから腎臓内科医を目指し、充実した研修をしたいと考えている先生は是非とも一度見学に来てください。一緒に名古屋大学腎臓内科を盛り上げていきましょう。ご連絡お待ちしています。
最後になりましたが、本年も医局員の皆様方の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

2011年 医局長からの新年のあいさつ

医局長からの新年のあいさつ

あけましておめでとうございます。
2011年となり新たな気持ちで頑張っていることと思います。
今年もますます刺激的な1年になりそうな予感がします。色々なことがあると思いますが、メリハリを利かせて、楽しい1年にするようにしましょう。

来年度の後期研修医はまだ募集しているので一緒に働いてくれる先生は連絡ください。また、腎臓内科医をめざし、勉強をしたい4年目、5年目の先生も大歓迎です。

医局長 佐藤和一

FC2Ad